コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜


  
                                    レインツリー
頭のいい「雨の木」
新潮社文庫  
解説:津島佑子
定価:476円(税別)
頁数:25頁(文庫版)
ISBN4-10-112615-1
  カバー画:司修 初出:1980年1月号 雑誌「文学界」
      ややこしいがなんとも不思議な話、不思議な味わい
  ハワイにあるい精神障害者収容で催されたパーティでの不思議な経験。
   これから続く連作の冒頭。

  「雨の木」はとても重要なキーワードです。こんなふうに説明されています。

     - 「雨の木(レインツリー)」というのは、夜なかに驟雨(しゅうう)があると、翌日は昼すぎまで
     その茂りの全体から滴をしたたらせて、雨を降らせるようだから。他の木はすぐに乾いてしまう
     のに、指の腹くらいの小さな葉をびっしりとつけているので、その葉に水滴をためこんでいられ
     るのよ。
     頭がいい木でしょう。

  この英訳は連作の次の作品『「雨の木」を聴く女たち』にでてくる。

 <冒頭>
 ー あなたは人間より樹木が見たいでしょう?とドイツ系のアメリカ人女性がいって、
パーティの人びとで埋っている客間をつれ出し、広い渡り廊下からポーチを突っきって、広
大な闇の前にみちびいた。笑い声とざわめきをなお背なかにまといつかせて、僕は水の匂い
のする暗闇をみつめていた。


 <出版社のコピー>
  危機にある男たちを受け入れ、励ます女たち。若者を性の暴力にむけて挑発しながら、いったん犯罪がおこると、優しい受苦の死をとげて相手をかばう娘。かれらをおおう「雨の木」のイメージは、荒涼たる人間世界への再生の合図である・・・。宇宙の木でもあれば、現実の木でもある「雨の木」のイメージにかさねて、人の生き死にを描いた、著者会心の連作小説集。<読売文学賞受賞>
 <お勧め度>
 ☆☆☆☆    
1980年6月発刊の「岩波現代選集・現代伝奇集」の3作品のひとつとして発表されている。



Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved