■Cogito-Kobo   コギト工房 
若い読者のための大江健三郎ワールド  略年譜

大江健三郎ワールドへ



■大江健三郎トップページへ




■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

  西暦    和暦 年齢 出来事
1935年   昭和10年 0歳 1月31日愛媛県喜多郡大瀬村に生まれる
(現在、愛媛県喜多郡内子町大瀬)
    大江好太郎 母小石の三男
1936年 昭和11年 1歳
1937年 昭和12年 2歳
1938年 昭和13年 3歳
1939年 昭和14年 4歳
1940年 昭和15年 5歳
1941年 昭和16年 6歳 大瀬国民学校に入学 
1942年 昭和17年 7歳
1943年 昭和18年 8歳
1944年 昭和19年 9歳 祖母、父が亡くなる
1945年 昭和20年 10歳
1946年 昭和21年 11歳
1947年 昭和22年 12歳 大瀬中学校に入学
1948年 昭和23年 13歳
1949年 昭和24年 14歳
1950年 昭和25年 15歳 愛媛県立内子高等学校に入学
1951年 昭和26年 16歳 愛媛県立東高等学校に天候
1952年 昭和27年 17歳
1953年 昭和28年 18歳 高校卒業 東京の正修予備校に通う
1954年 昭和29年 19歳 東京大学文科二類に入学
1955年 昭和30年 20歳
1956年 昭和31年 21歳
1957年 昭和32年 22歳 「奇妙な仕事」が『東京大学新聞五月祭賞』を受賞
「死者の奢り」が芥川賞候補になる
1958年 昭和33年 23歳 7月「飼育」で第39回芥川賞受賞
1959年 昭和34年 24歳 3月大学卒業 卒業論文『サルトルの小説におけるイメージについて』
1960年 昭和35年 25歳 伊丹万作の長女、伊丹十三の妹池内ゆかりと結婚
1961年 昭和36年 26歳
1962年 昭和37年 27歳
1963年 昭和38年 28歳 長男光誕生
1964年 昭和39年 29歳 「個人的な体験」で新潮社文学賞受賞
1965年 昭和40年 30歳
1966年 昭和41年 31歳
1967年 昭和42年 32歳 「万延元年のフットボール」で谷崎潤一郎賞受賞
1968年 昭和43年 33歳
1969年 昭和44年 34歳
1970年 昭和45年 35歳
1971年 昭和46年 36歳
1972年 昭和47年 37歳
1973年 昭和48年 38歳 「洪水はわが魂に及び」で野間文芸賞受賞
1974年 昭和49年 39歳
1975年 昭和50年 40歳
1976年 昭和51年 41歳 メキシコ国立大学コレヒオ・デ・メヒコの客員教授を務める
1977年 昭和52年 42歳
1978年 昭和53年 43歳
1979年 昭和54年 44歳
1980年 昭和55年 45歳
1981年 昭和56年 46歳
1982年 昭和57年 47歳 「「雨の木」を聴く女たち」で読売文学賞を受賞
1983年 昭和58年 48歳 「新しい人よ眼ざめよ」で大佛次郎賞受賞
1984年 昭和59年 49歳
1985年 昭和60年 50歳 「河馬に噛まれる」で川端康成賞受賞
1986年 昭和61年 51歳
1987年 昭和62年 52歳
1988年 昭和63年 53歳
1989年 平成1年 54歳 「人生の親戚」伊藤整文学賞受賞
ユーロパリア賞文学賞受賞
1990年 平成2年 55歳
1991年 平成3年 56歳
1992年 平成4年 57歳
1993年 平成5年 58歳 「われらの狂気を生き延びる道を教えよ」でイタリアのノンデッロ賞受賞
1994年 平成6年 59歳 ノーベル文学賞受賞
1995年 平成7年 60歳
1996年 平成8年 61歳 イタリアのグリンザーネ・カブール賞受賞
プリンストン大学客員講師としてアメリカに滞在
1997年 平成9年 62歳 アメリカ芸術アカデミー外国人名誉会員に選ばれる
母小石死去 伊丹十三自殺
1998年 平成10年 63歳
1999年 平成11年 64歳 よりベルイン自由大学S/フィッシャー講座教授としてドイツに滞在
2000年 平成12年 65歳 アメリカ・ハーバード大学、ベルギー・リエージュ大学で、名誉博士号を受賞
中国社会科学院外国文学研究所名誉研究員に推挙される
2001年 平成13年 66歳
2002年 平成14年 67歳 フランス政府よりレジオン・ゴヌール勲章コマンドールを受賞
2003年 平成15年 68歳
2004年 平成16年 69歳
2005年 平成17年 70歳
2006年 平成18年 71歳
2007年 平成19年 72歳 大江健三郎賞第1回発表 長嶋有「夕子ちゃんの近道」
2008年 平成20年 73歳 大江健三郎賞第2回発表 岡田利規「わたしたちに許された特別
                        な時間の終わり」
2009年 平成21年 74歳 大江健三郎賞第3回発表 安藤礼二
                 「光の曼荼羅 日本文学論」


大江健三郎ノーベル賞授賞記念講演の英語原稿と音声はこちらから

    
        Copyright2004-2009(c) Cogito-Kobo  All rights reserved


大江健三郎ワールドへ