コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

  
揚げソーセージの食べ方
文藝春秋  
定価:
1300円(税別)
頁数:25頁
ISBN4-16-308250-6
初出:1984年1月号 雑誌『世界』
       
   
<冒頭>
    数日のシンポジムの発言者として、あるいは短期の客員研究者(リサーチ・アソシエイツ)として、アメリカの大学の教員宿舎(ファカルティ・クラブ)に滞在する。大学の歴史が、あるいは大学人の歴史が、地道なりに洗練されているコンチネンタル風朝食に、僕としていささかの不満もない。夕食には学生たちが、土地柄の、いずれも生きいきとした暮しぶりをあらわす大学近辺で、中国料理かメキシコ料理の店に行く。そこが難民に近い人たちの新規開店で、アルコール飲料の許可をとっていない場合、店の帰りにやはり学生のための酒場で、水差し(ピチャー)に注いだビールを飲んでくる。
<出版社のコピー>
 「現代的でかつ芸術的」という批評が、若くして出発した僕の短篇への励ましだった。いましめくくりの時のはじめに、八つの短篇を書いて、そこに映る自分を見る。切実な時代の影に、個の生の苦渋のあとは見まがいがたいが、ユーモアの微光もまんべんなくある。
 思いがけないのは、女性的なものの力の色濃さだった。遠い幼年時の自分と、それほど遠くないはずに死、また「再生」を思う自分を結んでいる。知的な経験と、森のなかの谷間の神話を、懐かしく媒介しているのも女性的なものだ。(大江健三郎)



     想像力の大翼を駆って構築
     する洵爛たる小説宇宙


   四国の森のなかの谷間を舞台に、神話的伝承に支えられて
   森を防衛する勇敢な女たち。グロテスクな性、滑稽な性の
   饗宴と笑いにはじまり、優しさの極みに至る大江文学の傑作!

<おすすめ度>
☆☆☆
Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved