コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜


 まんえんがんねん
万延元年のフットボール
講談社文芸文庫    
解説:加藤典洋
定価:1500円(税別)
頁:442頁(文庫)
ISBN4-06-196014-8
カバーデザイン:菊地信義 初出:1967年(昭和42年) 雑誌『群像』1月号掲載
「乗越え点として」の作品
 「個人的な体験」から2年4ヶ月。大江健三郎にとっての新たな出発。
やはり一度は読んでおきたい作品。しかし、いきなりこの作品にとりかからないほうがいいのかもしれません。
特に著者も述べている通り、冒頭の『1 死者にみちびかれて』は難解と感じられます。ここでいきなり挫折をして二度と大江作品にふれなくなるひともいるのではないかと思います。有名な作品だけに手にするチャンスも多いかもしれませんが、あわててこの作品に飛びつくことはありません。幸いなことに今入手可能な講談社文芸文庫は1500円と高額なため、いきなりは買わないような気もします。少し大江作品に慣れてから、読み始めて見ましょう。
 間違いなく傑作です。わたし個人としては頂点にたつ作品とは思いませんが、水準は突き抜けています。必ず一生に一回は読んでおきましょう。
<冒頭>

1.死者にみちびかれて
 夜明けまえの暗闇に眼ざめながら、熱い「期待」の感覚をもとめて、辛い夢の気分の残
っている意識を手さぐりする。内臓を燃えあがらせて嚥下されるウイスキーの存在感のよ
うに、熱い「期待」の感覚が確実に体の内奥に回復してきているのを、おちつかぬ気持ちで
望んでいる手さぐりは、いつまでもむなしいままだ。

<出版社のコピー>

友人の死に導かれ夜明けの穴にうずくまる僕。地獄を所有し、
安保闘争で傷ついた鷹四。障害児を出産した菜採子。
苦渋に満ちた登場人物たちが、四国の谷間の村をさして
軽快に出発した。万延元年の村の一揆をなぞるように、
神話の森に暴動が起こる。幕末から現代につなぐ
民衆の心をみごとに形象化し、戦後世代の切実な体験と
希求を結実させた画期的長編。谷崎賞受賞。
<おすすめ度>
 ☆☆☆☆☆

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved