■■コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

  
動物倉庫
新潮社文庫  
定価:552円(税別)
頁数:33頁(文庫版)
ISBN4-10-112608-9
カバー画:山下菊二 初出:1957年 雑誌文学界12月号掲載
初期の若々しい戯曲
 大江健三郎の初期の戯曲 不条理劇はいまも新鮮

 今の若い人がこういった不条理劇と言われる作品をどう感じるのであろうか。興味があるところではあるが、私達にとってはそれが流行であった。
 最後の意表をつくどんでん返しはユーモア作品と開き直って読んでもいいのではないだろうか。こんな芝居をやってみたくなる。

<冒頭>

倉庫番  すっかり夜になってしまったな、動物の積み出しのある時はいつだって夜になる。
       それで時間外手当も貰えない。
事務員  事務所の予定の立て方が投げやりだからよ。像一頭、穴熊五頭、それに極楽鳥ひとつがいまで、
       あんなにたくさんの動物を引渡すときには、時間の幅をみこんでおいてくれなくちゃね。

<出版社のコピー>
<おすすめ度>
  ☆☆☆☆

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved