コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

    
新潮文庫  
定価:552円(税別)
頁数:43頁(文庫版)
ISBN4-10-112608-9
カバー画:山下菊二 初出:1958年 雑誌文学界3月号掲載
第39回芥川賞候補柵
「飼育」とともに昭和33年上半期の芥川賞候補作品となる。
平均年齢14歳の少年院に入っている「僕」の物語。「罪」を悔いあたらめるために、夕暮れの時間を壁の前ですごす少年達。粗暴な若い教官、鳩を飼う門衛夫婦、院長夫婦とその養子の混血の中学生。閉ざされた社会での罪。
すこしわかりにくい作品かもしれない。

<冒頭>

 夕暮れると僕らあさぎいろの服を着こみ、やはりあさぎいろの地に藍の線の入った帽子を
まぶかにかぶった者たちは、少年院の昏い光にとざされた中庭を黙りこんだまま横切り、所
どころに血いろのしみのふきでている高いコンクリート壁の下まで歩いて行くのだった。
<出版社のコピー>
<おすすめ度>
 ☆☆☆★

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved