コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜


  
    
上機嫌
新潮社文庫  
定価:552円(税別)
頁数:60頁(文庫版)
ISBN4-10-112608-9
カバー画:山下菊二 初出:1959年 雑誌「新潮」11月号掲載
  大江が描く昭和30年代初頭の風俗と青年の苦闘
 
 映画女優Kとわたし。それとオートバイ事故でであった青年。
大江の個性的な文体がぐいぐいと引き込んでゆく。


<冒頭>
 わたしは裸の胸を夏の陽に灼きながら、これも殆ど上半身裸の映画女優のKと指をからみ
あわせ草むらに横たわって眼をつむり、わたしたちが隠れている斜面の上のドライブ・ウェ
イを失踪するオートバイの轟音を、時々地獄に関係のあるイメージにとらえられながらじ
っと聴いていた。
<出版社のコピー>
<おすすめ度>
 ☆☆☆★

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved