コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

  
河馬に噛まれる
講談社文庫 
定価:619円(税別)
頁数:26頁
ISBN4-06-275392-8
カバーデザイン:司修 初出:1983年11月号 雑誌『文学界』
「赤軍派リンチ事件」をテーマに       
    第11回川端康成文学賞を受賞

なによりも題名がいいですね。このとっぴょうしもない題名にひかれてすぐに読みたくなります。
1972年の連合赤軍の浅間山荘での事件が背景になっていて、その時代がある程度わかっていないと
理解が難しいかもしれません。1950年代までに生まれた人にとっては衝撃的な出来事でした。
その後の日本は確かに大きく変わって行きました。

 
<冒頭>
   ダケカンバの林にさえぎられて浅間は見えないが、噴火があると屋根に灰が降りつもる位置の、山小屋に来た。ソバにウドン、豚肉のショーガ焼き定食という種のものを出す、昔からの街道筋にある食堂で、近辺の狭い範囲にかぎられた地域に購読者を持つのらしい新聞を読み、僕はある記事に引きつけられ、それに発する想像をした。想像は、およそ蓋然性の薄い、奇態な思いつきともいうたぐいである。
<出版社のコピー>
「浅間山荘」の銃撃戦と、雪深い森の若い死者たち。革命党派の課題をこえて、そこには戦後日本の精神史にきざまれた、もっとも悲劇的な惨たらしさがある。しかもユーモアの地下水もにじみ出るほどの人間的な深みで受けとめたい。文学の仕事なのだから・・・・
永く考えた後、手法のことなる架空の短篇をくみあわせて、出来事の全体に対置することにした。主題としては長篇にひとしく、同時代、あるいは同じ不幸を生きる自分の個人史も透けて見える。
<おすすめ度>
☆☆☆☆
ISBN4-16-308780-X 文藝春秋
Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved