コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

  
「河馬の勇士」と愛らしいラベオ
講談社文庫  
定価:619円(税別)
頁数:33頁
ISBN4-06-275392-8
カバーデザイン:司修 初出:1984年8月号 雑誌『文学界』
「河馬に噛まれる」の続編       
   雑誌発表時の題名は「河馬に噛まれる Part2」
 「左派赤軍」の「勇士」が十年後にどう変化していったということがテーマとなっている。
<冒頭>
   ウガンダのマーチソン・フォールズ国立公園船着場で、日本人の青年が河馬に噛まれた。寡黙な被害者の様子をつたえる地方紙の記事をもとに、僕はひとつ短篇を書いた。自分にはめずらしい経験だが、この短篇をふくらませてテレヴィ・ドラマをつくりたいという、若い製作者たちの連絡が届いていた。僕は希望をいだいたのである。これまでおなじような申し出に応じたことはなかったのに。
<出版社のコピー>
「浅間山荘」の銃撃戦と、雪深い森の若い死者たち。革命党派の課題をこえて、そこには戦後日本の精神史にきざまれた、もっとも悲劇的な惨たらしさがある。しかもユーモアの地下水もにじみ出るほどの人間的な深みで受けとめたい。文学の仕事なのだから・・・・
永く考えた後、手法のことなる架空の短篇をくみあわせて、出来事の全体に対置することにした。主題としては長篇にひとしく、同時代、あるいは同じ不幸を生きる自分の個人史も透けて見える。
<おすすめ度>
ISBN4-16-308780-X 文藝春秋
Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved