コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜


  
    
核時代の森の隠遁者
新潮社文庫  
解説:渡辺広士
定価:552円(税別)
頁数:52頁(文庫版)
ISBN4-10-112609-7
カバー画:山下菊二 初出:1968年8月号 雑誌『中央公論』掲載
父親の復元
 単行本として出版された「われらの狂気を生き延びる道を教えよ」では第二部「ぼく自身の詩のごときものを核とする三つの短篇」の二番目の作品。
 『万延元年のフットボール』に出てくる村の住職が主人公。この作品も複雑で難解。やはり想像力を豊かに、柔軟に読みこなさないと難解。。
 大江ファンの中でもプロ向き。大江初心者は後回しでいいのでは。

<冒頭>
 きみは「自由」をもてめて森を抜けだし、地方都市から大都市へとなおも「自由」をさがしも
とめて跳びだしてゆき、そしてついにはアフリカへまで出かけたのだが、「自由」は見つかった
かね?ぼくはアフリカどころか森の奥の谷間にじっと住みついているばかりだが、しかもなお、
ぼくもまたなにをさがしもとめて生きてきたかといえば、それは「自由」なのだ。

<出版社のコピー>
外部からおそいかかる時代の狂気、あるいは、自分の内部から暗い過去との血のつながりにおいて、自分ひとりの存在に根ざしてあらわれてくる狂気にとらわれながら、核時代を生き延びる人間の絶望感とそこからの解放の道を、豊かな詩的感覚と想像力で構築する。「万延元年のフットボール」から「洪水はわが魂に及び」への橋わたしをする、ひとつながりの充実した作品群である。
<おすすめ度>
☆☆☆    

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved