コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

    
後退青年研究所
新潮社文庫  
定価:552円(税別)
頁数:20頁(文庫版)
ISBN4-10-112608-9
カバー画:山下菊二 初出:1960年 雑誌「群像」3月号掲載
   
 
 ここでは「性」を扱わずに占領体制時の政治を扱っている。
ミスター・ゴルソンという社会心理学者と通訳担当の女子大生とぼく。ミスター・ゴルソンは来日して「傷つた学生の精神傾向を調査する仕事」をしている。
この作品の魅力はある時代のある断面を描いていることにある。

<冒頭>
 暗黒の深淵がkの現実世界のそこかしこにひらいて沈黙をたたえており、現実世界は、そ
のところどころの深淵にむかって漏斗状に傾斜しているので、この傾斜に敏感なものたちは、
知らず知らずのうちにか、あるいは意識してこの傾斜をすべりおち、深淵の暗黒の沈黙のな
かへ入りこんでゆく、そして現実世界における地獄を体験するわけである。
<出版社のコピー>
<おすすめ度>
 ☆☆☆★

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved