コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

    
共同生活
新潮社文庫  
解説:渡辺広士
定価:400円(税別)
頁数:45頁(文庫版)
ISBN4-10-112604-6
カバー画:ウイリアム・ブレイク 初出:1961年 雑誌「文学界」1月号掲載
   
 
 


<冒頭>
 疲れきって蒼ざめた長身の青年が、書類鞄を椅子におき背後の扉をとざす。猿どもが、か
れを茶色の輝く虹彩にかこまれた葡萄色の瞳、哀しんでいる人間の眼のようなそれで見つ
め始める。青年は再び書類鞄をとりあげそれを机の上におき、こんどは自分の体を椅子にお
ちつける。そしてかれは自分の後頭部、首筋、背、腰、椅子の脚にからんでいる自分の足に、
猿どもの熱心な視線がそそぎつづけられるのを感じる。これが、かれの生活だ。これがかれ
の生活の真の側面だ。

<出版社のコピー>
現代社会の恐るべき孤独感を描いている
<おすすめ度>
  ☆☆☆★

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved