コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

  
メヒコの大抜け穴
文藝春秋  
定価:
1300円(税別)
頁数:59頁
ISBN4-16-308250-6
初出:1984年5月号 雑誌『文学界』
       
   
<冒頭>
   自分の生のさかんな部分はずっと過去のものだ、自然な衰亡の、すでに斜面なかばに立っている。その思いに生きていることを自覚するようになって、ある時が経つ。病んでいるほどの鬱屈として、夢のなかでならば大声で泣き喚くほどのものとして、それもブレイクなら全人類をひとりで体現するManが核状況の地球を見つめてそうするであろうような思いともかさねて、また時には性の渇望の端的な衰退として − これについては、年長の哲学者の、ある平安(シャンテイ)の印象の談話をしみじみと思いだすのだがー 。しかしやはりその斜面をくだりければ苦しいことが待ちうけるのだと、恐怖も感じながら。
<出版社のコピー>
 「現代的でかつ芸術的」という批評が、若くして出発した僕の短篇への励ましだった。いましめくくりの時のはじめに、八つの短篇を書いて、そこに映る自分を見る。切実な時代の影に、個の生の苦渋のあとは見まがいがたいが、ユーモアの微光もまんべんなくある。
 思いがけないのは、女性的なものの力の色濃さだった。遠い幼年時の自分と、それほど遠くないはずに死、また「再生」を思う自分を結んでいる。知的な経験と、森のなかの谷間の神話を、懐かしく媒介しているのも女性的なものだ。(大江健三郎)



     想像力の大翼を駆って構築
     する洵爛たる小説宇宙


   四国の森のなかの谷間を舞台に、神話的伝承に支えられて
   森を防衛する勇敢な女たち。グロテスクな性、滑稽な性の
   饗宴と笑いにはじまり、優しさの極みに至る大江文学の傑作!

<おすすめ度>
☆☆☆
Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved