コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

    
見る前に跳べ
新潮社文庫  
定価:552円(税別)
頁数:71頁(文庫版)
ISBN4-10-112608-9
カバー画:山下菊二 初出:1958年 雑誌文学界6月号掲載
文庫本の表題作
 
大江健三郎の初期の頃の特徴である「性」を真っ向からとりあげた挑戦的な作品
彼の革新性がよく感じられる作品です。

<冒頭>
冷たく湿っている石壁のあいだをぬけると、研究室の建物に囲まれた中庭に夜明けのよう
な薄明かりがみなぎっている。冬のあいだそれはずっとかわらない。そして春が来ると、中庭
はたちまち祭りのように花々と光にあるれ、高い木立の芽がひろがり硬い葉のむらがりになっ
て空をますます狭く限るときまで、眼もくらむほど輝きつづけるのだ。
<出版社のコピー>
”政治と性”の主題を初めて取り上げ、屈服感と自己欺瞞の意識にさいなまれた同時代の青年の内面を文学に定着させた。
<おすすめ度>
  ☆☆☆☆★

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved