コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

  
見せるだけの拷問
文藝春秋  
定価:
1300円(税別)
頁数:25頁
ISBN4-16-308250-6
初出:1984年3月号 雑誌『群像』
       
   
<冒頭>
   − そいつを見るだけで、あんたがガタガタになるものを、突きつけてやりますよ。それだけの準備をして、今度はあんたの前にでますよ。その時は、おれをいいようにあしらって帰すわけにはゆかによ!それじゃ、な、さいなら!
 薄い顎を吊る恰好で、貧弱な髯が揉上げから揉上げまでつらなった、一重瞼の眼に冬場の鯉のように膜がかかっている、若い日本人の台詞だ。カリフォルニア大学、バークレイ校のオフィスのしまりぎわに訪ねて来た未知の人物、大学東側の門からまっすぐ伸びるテレグラフ大通りの酒場へ案内して、自分としては夕食兼帯ということになる、ビールとソーセージを一緒にとりながら話していた。

<出版社のコピー>
 「現代的でかつ芸術的」という批評が、若くして出発した僕の短篇への励ましだった。いましめくくりの時のはじめに、八つの短篇を書いて、そこに映る自分を見る。切実な時代の影に、個の生の苦渋のあとは見まがいがたいが、ユーモアの微光もまんべんなくある。
 思いがけないのは、女性的なものの力の色濃さだった。遠い幼年時の自分と、それほど遠くないはずに死、また「再生」を思う自分を結んでいる。知的な経験と、森のなかの谷間の神話を、懐かしく媒介しているのも女性的なものだ。(大江健三郎)



     想像力の大翼を駆って構築
     する洵爛たる小説宇宙


   四国の森のなかの谷間を舞台に、神話的伝承に支えられて
   森を防衛する勇敢な女たち。グロテスクな性、滑稽な性の
   饗宴と笑いにはじまり、優しさの極みに至る大江文学の傑作!

<おすすめ度>
☆☆☆
Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved