コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜



みずから我が涙をぬぐいたまう日
講談社文芸文庫    
解説:渡辺広士
定価:874円(税別)
頁:129頁(文庫)
ISBN4-06-196114-
カバーデザイン:菊地信義 初出:1971年(昭和46年) 雑誌『群像』10月号掲載
天皇制の問題について

 単行本(文庫本)ではこの作品の冒頭に「二つの中篇をむすぶ作家のノート」がついている。
それによると作者はいまだ単行本として出版していない『セブンティーン』第二部の末尾の一節
   純粋天皇の胎水しぶく暗黒星雲を下降する
を引用しながら、三島由紀夫の割腹自死を連想させる事件との結び付けを考えている。
日本の天皇制の問題にこだわり続けている。
  
 この作品は多くの人が評していますが、大江作品の中でも難解度の高いものです。特に若い人に
とっては天皇制ということにあまり関心がないでしょうし、社会も今この制度を議論したがっているという
こともない中でこの作品を読むことはなかなか大変かもしれません。
三島の自決に衝撃を受けた世代のひとにとってはまだ興味が持てるかもしれませんが、現代において
三島作品もその評価は別として多くの人に読まれているとは思えません。
あえて、すぐに読む必要はないかもしれません。それに本も非常に入手が難しくなっています。
講談社文庫からも再販がされていないようです。

  わたし個人にとっては大江さんの文体に対する取り組みが感じられて興味深く読みますが。

 「
<冒頭>

 ある真夜中、かれがローテクスの回転式鼻毛切りで、もう生きた足の上に乗っかって塵
埃の巷に出てゆくこともない、自分の鼻を、猿の鼻孔さながらに、鼻毛いっぽんはえてい
ないものにすべく、しきりに刈りこんでいると、おなじ病院の精神科病棟から抜け出てき
たのか、通りすがりの気狂いか、ともかく男としては異様なほど小柄で痩せているのに、
ヒゲダルマ風に毛だらけの顔だけ真丸にふくらんだやつが、やにわにかれのベッドの裾に
横坐りすると、
 − いったい、おまえは、なんだ、なんだ、なんだ!と泡を吹いて叫んだ。

<出版社のコピー>

天皇に殉じて割腹、自死を遂げた作家の死に
衝撃を受けた、同じ主題を共有するもう一人の作家が
魂の奥底までを支配する<天皇制>枷をうち破って
想像力駆使して放つ”狂気を孕む同時代史”の表題作。
宇宙船基地よりの逃亡男が日本の現人神による救済を
夢見る「月の男」。 − 全く異なる二つの文体により、
現代人の危機を深刻、ユーモラスに描く中篇小説二篇。

<おすすめ度>
 ☆☆☆☆☆

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved.