コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜


 ムーン・マン
月の男
講談社文芸文庫    
解説:渡辺広士
定価:874円(税別)
頁:12頁(文庫)
ISBN4-06-196114-
カバーデザイン:菊地信義 初出:1971年(昭和46年) 雑誌『新潮』11月号掲載
天皇制の問題について

 雑誌『新潮』に発表されたときは「死滅する鯨の代理人」という題名であった。それを有機的に吸収して、
内包している、とは作者のコメント。

 読むときには「みずから我が涙をぬぐいたまう日」と同時に読むことをお勧めします。この二つの作品は
大きくかけ離れていて、深く結びついています。

<冒頭>

 異様な事件だらけのこの二十世紀後半でも、ほかにそのような例はあるまいと思われる
ほどの、文字通り人類全体をまきこむ規模の気狂い騒ぎの恐怖を、憐れにもただひとり味
わって極点まで苦しみ、ついにかれ独自の自己救済への道をあゆみはじめた一個人につい
て僕は語りたいと思う。

<出版社のコピー>

天皇に殉じて割腹、自死を遂げた作家の死に
衝撃を受けた、同じ主題を共有するもう一人の作家が
魂の奥底までを支配する<天皇制>枷をうち破って
想像力駆使して放つ”狂気を孕む同時代史”の表題作。
宇宙船基地よりの逃亡男が日本の現人神による救済を
夢見る「月の男」。 − 全く異なる二つの文体により、
現代人の危機を深刻、ユーモラスに描く中篇小説二篇。

<おすすめ度>
 ☆☆☆

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved.