コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

  
                     
懐かしい年への手紙
講談社文芸文庫  
定価:1500円(税別)
頁数:589頁(文庫版)
ISBN4-06-196196-9
  カバーデザイン:菊地信義 初出:
         
  

 <冒頭>
 第一章 静かな悲嘆<グリーフ>

 その秋、僕が生まれ育った森のなかの、谷間の村で暮している妹から電話があった。ギー
兄さんが大がかりな事業を始めてしまった。例の風変わりなふるまいの延長ともいえなく
はないが、その進み行く先に不安があると、いまはギー兄さんのつまであるわれわれの永年
の友、オセッチャンが相談に来た。


 <出版社のコピー>
 郷里の村の森を出、都会で作家になった語り手の「僕」。その森の魂のコミューンを築こうとする「ギー兄さん」。二人の”分身”の交流の裡に、「いままで生きてきたこと、書いてきたこと、考えたこと」のおよそ総てを注ぎ込んで”わが人生”の自己検証を試みた壮大なる”自伝”小説。「万延元年のフットボール」「同時代ゲーム」に続きその”祈りと再生”の主題を深め極めた画期的長篇。
 <お勧め度>
   ☆☆☆☆

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved