コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

    
人間の羊
新潮社文庫    
解説:江藤 淳
定価:438円(税別)
頁:27頁(文庫)
ISBN4-10-112601-1
カバー画:山下菊二 初出:1958年(昭和33年) 雑誌新潮2月号掲載
いまもみずみずしい感動!
『死者の奢り・飼育』に収められている。

<冒頭>    
<冒頭>
冬のはじめだった、夜ふけの舗道に立っていると霧粒が硬い粉のように頬や耳たぶにふれ
た。家庭教師に使ったフランス語の初等文典を外套のポケットに押しいれて、僕は寒さに身
を屈めながら終発の郊外へ走るバスが霧のなかを船のように揺らめいて近づくのを待ってい
た。
 <出版社のコピー>
傍観者へのj嫌悪と侮蔑をこめた作品
<おすすめ度>
 ☆☆☆★

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved