コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

  
    
同じ年に生まれて
中公文庫  
解説:尾崎真理子
定価:552円(税別)
頁数:225頁(文庫版)
ISBN4-12-204317-4
カバーデザイン:
中央公論新社デザイン室
2004年1月刊
      小澤征爾さんとの対談集
 
 2000年6月大江健三郎と小澤征爾は揃ってハーバード大学の名誉博士号を受賞。二人は昭和10年(1935年)生まれ。文学と音楽での二つの稀有な才能がおりなす楽しい対談。
 若くして華々しくスタートした二人。それぞれが異なる分野で大成をしたが、その道程は平坦ではなかった。この偉大なる芸術家を対談させた企画力に乾杯!

 小澤征爾:1959年フランス・ブザンソン国立指揮者コンクールで優勝。現在、ウィーン国立歌劇場音楽監督


<冒頭>
 僕らは同じ年に生まれた
                                        大江健三郎
 小澤さんがニューヨーク・フィルの副指揮者になられてすぐ、もう40年も前のことだ、
私はこの若い国際派の「最初の人」にインタビューした。


<出版社のコピー>
 1935年に生まれた世界的指揮者とノーベル賞作家。この日本を代表する二人の巨匠は、同じ時代を少年として生き、芸術をこころざし、選ばれ、そしていま喜びをもって新しい世代を送り出す側にまわっている。「今のうちにもっと語りあっておきたいー」この思いが実現し、2000年に対談は行われた。
<おすすめ度>
☆☆☆★

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved