コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

    
静かな生活
講談社文庫  
解説:伊丹十三
定価:1050円(税別)
頁数:29頁(文庫版)
ISBN4-06-196343-0
カバーデザイン:菊地信義 初出:1990年4月号 雑誌『文芸春秋』掲載
連作「静かな生活」の1 
 
 障害を持つ兄のすぐ下、女子大生のマーちゃんの視点で書かれた家族の物語。
魅力的なひとびとがいきいきと描かれている。
 20代半ばに入った兄イーヨーの性的な問題がテーマ。

1995年に義兄であり長年の親友である伊丹十三によって映画化された。主演であるマーちゃんに佐伯日菜子、イーヨーに渡辺篤郎、パパに山崎務。音楽に大江の長男光の曲が使われた。

<冒頭>
。父がカリフォルニアの大学に居住作家(ライター・イン・レジデンス)として招かれ、事情があって母も同行するこ
とになった年のこと。出発が近づいて、家の食卓を囲んでではあるが、いつもよりあらた
まった雰囲気での夕食をした。こういう時にも、家族に関するかぎり大切なことは冗談と綯い
あわせてしてしか話せない父は、さきごろ成人となった私の結婚計画について、陽気な
話題のようにあつかおうとした。

<出版社のコピー>
精神に機器を感じて外国滞在を決意した作家の父に、妻が同行する。残された三人の兄弟妹の日常。
脳に障害を持った長男のイーヨーは”ある性的事件”に巻き込まれるが、女子大生の妹の機転でピンチを脱出、心の平穏が甦る。家族の絆とはなんだろうかーーー。
<妹>の視点で綴られた「家としての日記」の顛末に、静謐なユーモアーが漂う。大江文学の深い祈り。
<おすすめ度>
☆☆☆☆
新刊の時の表紙  1990年10月25日発刊         


Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved