コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜


  
    
狩猟で暮したわれらの先祖
新潮社文庫  
解説:渡辺広士
定価:552円(税別)
頁数:79頁(文庫版)
ISBN4-10-112609-7
カバー画:山下菊二 初出:1968年2月号〜5月号、8月号 雑誌『文藝』掲載
故郷の森から出てきた人々との関わり
 
 単行本として出版された「われらの狂気を生き延びる道を教えよ」では第二部「ぼく自身の詩のごときものを核とする三つの短篇」の最初の作品。
 
 大江健三郎の特長である表現方法がよくあらわれている作品、という感じを持ちました。

<冒頭>
 夜明けがたに、幼女が犬に咬まれたといって救助をもとめる叫び声が聞えた。また、犬の吠え
声もひと声だけ、舗道からたちのぼるのを聞いた。それは悲鳴のようにも聞えた。この時刻に、
舗道を幼女が歩いているのは、どういうことかと不審に思いながら、僕は眠った。

<出版社のコピー>
外部からおそいかかる時代の狂気、あるいは、自分の内部から暗い過去との血のつながりにおいて、自分ひとりの存在に根ざしてあらわれてくる狂気にとらわれながら、核時代を生き延びる人間の絶望感とそこからの解放の道を、豊かな詩的感覚と想像力で構築する。「万延元年のフットボール」から「洪水はわが魂に及び」への橋わたしをする、ひとつながりの充実した作品群である。
<おすすめ度>
☆☆☆    

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved