コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

          
新潮社文庫  
定価:552円(税別)
頁数:19頁(文庫版)
ISBN4-10-112608-9
カバー画:山下菊二 初出:1958年 雑誌「別冊文芸春秋」8月号掲載
シュールな短編
 
狂気と正気。シュールに描かれている。


<冒頭>
数しれない鳥の羽ばたきが、かれを眼ざめさせた。朝、秋の朝だった。かれの長ながと横
たわった体のまわりに無数の鳥がびっしりと翼をつらねあってたえまらい羽ばたきをつづけて
いる。かれの頬、かれの裸の胸、腹、腿の皮膚いちめんを、硬く細く細い鳥の足がふるえをつた
えながらおおっている。
<出版社のコピー>
<おすすめ度>
☆☆☆★

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved