コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ



■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜

  
                          レイン・ツリー
宇宙大の「雨の木」
講談社文芸文庫  
解説:井口時男
定価:1200円(税別)
頁数:45頁(文庫版)
ISBN4-06-196382-1
  初出:1991年月号 『Literary Switch』掲載
   
 

 <冒頭>
 ある年齢になると、この世界のなかの自分の生の全体を見とおすこができ、その相当
な複雑さもほかならぬ自身でつくり出したものであることに気がついたりする。反面、そ
の生がいかにも単純でスッキリしかたちをあらわしてきているのを見る瞬間もあるので
はないだろうか?



 <出版社のコピー>
 障害を持つわが子と妻との日常、そして夥しい量の読書。
 少年の日の記憶、生の途上における人との出会い。
 「文章を書き、書きなおしつつ、かつて見たものを
 なぞる過程でしだいに独特なものをつくってゆく」という
 方法意識の作家「僕」が綴る、表題作九篇の短篇小説。
 切迫した震える如き感動、時にユーモアと諧謔をたたえて
 還暦近づき深まる、大江健三郎の精神の多面的風景。
 <お勧め度>
☆☆☆★   

Copyright2004-2007(c) Cogito-Kobo  All rights reserved.